スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒皮鉄の手摺り


こんにちは


今日は高柴商事㈱ の兼本さんからご依頼頂きました、

黒皮鉄の手摺をご紹介させて頂きます。


黒皮鉄の魅力



部材はフラットバー6×38。


長さとしては約600mmと比較的短いもので、

玄関に設置する立ち上がりの際の手がかりとなる手摺です。





角部分は火で焼いてハンマーで叩き角を丸めています。

サンダーやグラインダーで角を丸めるよりも表情豊かな仕上がりになりますね。

また部材の切断面が焼けて色が馴染むというメリットもあります。


黒皮鉄の魅力



んー、黒皮鉄のフラットバーならではの風合いです。 

画像は素地ですが、仕上げに焼付けマットクリアを施したのでもう少し

しっとりしたテイストになりました。


黒皮鉄の魅力





さて、

この緩やかな曲線はどうやって作るのか。


実はこの様な太古の機械を使います。

(あまりにも古すぎてアンティークマシンの様です‥)


黒皮鉄の魅力



回転する三つローラーに部材を挟み、ローラー間の距離を

調整しながら圧力をかけて形状を変化させていきます。



するとこんな感じに。


黒皮鉄の魅力


実際に取り付けをされた画像を頂けるそうなので、

また追ってご紹介させて頂きますね。



それではまた





■神戸の小さな鉄工所 ㈱ヤマナカ産業

■鉄の素材感を生かす物づくり。 aizara-アイザラ-


---------------------------------------------------------------

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。