スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気の「黒皮鉄A看板」 が出来るまで



こんにちは



最近この 「黒皮鉄のA型看板」 が大変好評で、お得意様

ご新規様から関西・関東と方々からご注文を頂いております 



本当にありがとうございます。

<参考記事 >>ヘアサロン A型看板


鉄工房の製作日記



今回もちょうど関東から二台ご注文頂きましたので、

このA型看板の製作工程をご紹介させて頂きます。 


結構詳細にわたっての内容なので長文になります‥。






【 材料調達 】


さて、まずは材料である黒皮鉄の調達です。

黒皮鉄と一言で言いましても色々あります。



こんなのや、


鉄工房の製作日記



こんなの。


鉄工房の製作日記



でも最初の画像の風合いと全く違いますよね。  

全てを業者任せにするとどんな材料が届くか分かりません。



「何言うてんねん、これかって黒皮やで!」 と言われればそれまでです。



なので私は黒皮を意匠として使う場合、自分自身で材料屋まで買い付

けに行きます。  詳しくは >>黒皮鉄の買い付け  の記事を。





今回はこの板を使うことにします。


鉄工房の製作日記


端っこは若干白っぽいですが、いい鉄です。


これを切断するため別室に運んでもらうのですが、

1枚あたり約60kgなのでチェーンブロックで移動します。


空飛ぶ鉄板‥。


鉄工房の製作日記





そして、このデッカイ切断機(シャーリング)でバッサリ切ってもらいます。

しかも普通はこんな事してくれないんですが、山本専務のご配慮で板の

端っこではなく一番色合いの良い部分である材料のど真ん中! 


「大トロ」と呼んでます(笑)


鉄工房の製作日記


切断された板は機械の裏から流れ出てきます。

↓こんな感じに。


鉄工房の製作日記




今回もいい板GETしました!

さすが「大トロ」! 山本専務 ありがとうございます!!


黒皮鉄の魅力





【 曲げ加工 】



そしてこれを軽トラに積んで、ヤマナカまで持って帰ります。

まずはサンダーで切りっぱなしの端部を整えていきます。


鉄工房の製作日記







そしてこの板を鋭角状に曲げていくわけですが。

それはこの機械で行います。


鉄工房の製作日記




この機械にはこの様な上型と下型がありまして、

その間に板を挟みます。


鉄工房の製作日記




そして機械に少しずつ圧をかけていくと、




鉄工房の製作日記


鉄工房の製作日記





段々と曲がってきましたね。

さらに圧をかけていきます。


鉄工房の製作日記


鉄工房の製作日記





そして、完成です。


鉄工房の製作日記




さぁもう一台の方も追いついてきました。

一台はカフェ 一台はスタジオの看板です。


鉄工房の製作日記








【 付け塗装(クリア) 】



さて、お次はこの看板にクリアの焼付け塗装を施します。

外部で使いますから錆び対策は必須です。



勿論、

錆びも演出のひつつとお考えの場合はこのままでOKです。

クリアの塗装費も節約できてコストも安くつきます。





塗装はいつも社長同士が同級生、

その息子同士も同い年という森本塗装さんでお願いしています。




この大きな釜に入れて180度で約2時間程焼き付ける事で色を定着させます。

流石にメッキほどではありませんが、看板としては十分な強度があります。


鉄工房の製作日記


鉄工房の製作日記

勿論赤や黄、青にも着色塗装も可能です。





そして待つこと約2時間、焼きあがりまた!

でも、クリアなんで殆ど変りません‥。


鉄工房の製作日記



写真では分かりにくいかもしれませんが、

素地に比べて若干しっとりとし感じになります。







【 シルク印刷 】



さてさて、

文字とロゴを印刷して完了です。


鉄工房の製作日記  → 実際に設置したら‥



鉄工房の製作日記



黒皮鉄の魅力


※画像はクリックで拡大できます。


写真でもお伝えできてるでしょうか?


この着色塗装では表現できない黒皮鉄の独特の質感が、

入店する前からお店の雰囲気やブランドイメージを伝えてきます。


この仕上がり、

改めて 「黒皮の買い付け」 というひと手間がとても大切である事を

再確認させられます。 まさに大トロ! 





黒皮鉄のA看板に関する価格や納期等は ヤマナカ産業 まで

ご希望のサイズと共にお気軽にお問い合わせ下さい。 



長い文章、

最後まで御付き合い下さいましてありがとうございました。




それでは。






■神戸の小さな鉄工所 ㈱ヤマナカ産業

■鉄の素材感を生かす物づくり。 aizara-アイザラ-




-----------------------------------------------------------------------























スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。