スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄の手すり

こんにちは


今日は製作中の鉄の手すりをご紹介します。


使われるのは住宅の中です。


鉄工房の製作日記




鉄工房の製作日記



全長で焼く2600、高さが1000です。 




鉄工房の製作日記




鋼材は9*50と6*50のフラットバー(黒皮)です。


力強いですね。





鉄工房の製作日記



黒皮の場合溶接箇所は皮を剥がさなければいけないので、画像の様な

状態になります。この手すりは最後に塗装を施すので問題ありません。



では黒皮仕上げ (つまり無着色) の場合はどう対処するか?

ひとつは電気溶接で 「バチバチッ!」 とラフに接合するか、もしくは最小限だけ

皮を剥がしてアルゴン溶接で綺麗に仕上げるか。 依頼主様のお好み次第ですね。



因みに画像はアルゴン溶接です。





実はこの手すり、下部のスペースにガラス板が入る仕様になってます。


鉄工房の製作日記




↑の画像のセンターに溶接してある9*9のパイプの上にガラスを乗せて、

↓の枠で(画像では縦に写ってますが) 両サイドから挟みこむ仕様です。



鉄工房の製作日記



出来上がりが楽しみですね!



それでは。





■神戸の小さな鉄工所 ㈱ヤマナカ産業

■鉄の素材感を生かす物づくり。 aizara-アイザラ-




------------------------------------------------------------------------------------------






















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。