スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒皮鉄のカンチレバーチェア case02


こんにちは


以前にご紹介したチェアフレーム

製作させて頂いたことでかなり刺激となりました。




カンチレバーデザイン。



特に意識しているわけではありませんが、

結果的にミニマルデザインな-aizara- にとっても興味深い分野です。



ということで、

今日は黒皮鉄のカンチレバーチェア case02。




鉄の焼ける匂いが工房に広がります。
黒皮鉄の魅力



焼きながら

体全体で「人」がラインを生んでいく。

黒皮鉄の魅力



曲げては合わせ

合わせては曲げる工程が続きます
黒皮鉄の魅力





そうして生まれた

途切れる事のない1本のライン


黒皮鉄の魅力




黒皮鉄の魅力




黒皮鉄の魅力



≪前回から引用≫


大切なのは「人の手で曲げている」という事。


鉄が真っ赤になるまで火を入れて、

頃合いを見計らって体重をかけながら曲げていきます。


「長い経験と勘をもとに一人の職人の手によって造作された。」

それがこの黒皮鉄のフレームに刻まれた紛れもない事実でありヒストリーです。




-----


座面や背もたれにはレザーを。



このチェア

aizaraのラインナップとする予定です。





それではまた。



■ 黒皮鉄プロダクト オンラインショップ

■ 神戸の小さな鉄工所 ㈱ヤマナカ産業


■ 黒皮鉄プロダクト -aizara-(アイザラ)







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。